レーザー脱毛で永久に

レーザー脱毛というと、医療用レーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛の2種類があります。 これは同じレーザーでもまったく別のものだと言えるほど違います。 出力がまったく違うので効果もまったく違うということです。

医療用レーザー脱毛は脱毛サロンであっても扱えず、医師免許のある人しか使えないということが法律で決められています。 そのために脱毛サロンではフラッシュ脱毛などで施術を行なっています。 医療用レーザー脱毛は、レーザーによって皮膚に中の毛根だけをしっかり焼くことができます。 そのためにチクッとした痛みがあるものの確実に毛根を焼くことができるので、サロンで行なわれているフラッシュ脱毛より早く脱毛を行なうことができます。

現在医療用レーザー脱毛機器を使っているのはクリニックということになります。 しかし実際には医師が施術を行なわず医師の指導の下ということで、看護師などが行なうクリニックもあります。 しかし、これはしてはいけないことなので医師がしっかり施術をするクリニックを利用するようにしましょう。 医療用レーザー脱毛だけが永久脱毛という言葉を厚生労働省で許されています。

そして永久脱毛の定義というのは最終脱毛から1ヶ月たって1割以下の発毛なら永久脱毛と言われます。 やはり医療用レーザーでも数年たっても生えないという保障はないということです。 逆に脱毛というものは生きている限り個人差はあるものの、ある程度するとまた生えて来る可能性があるということなのです。 その辺も納得して永久脱毛を行なうようにしましょう。

Copyright © 2014 レーザー脱毛の定義 All Rights Reserved.